Subnautica プレイ日記その2

f:id:nksz:20210717092718j:plain

Subnautica(サブノーティカ)のプレイ日記です。

:前回記事:

nkszsims.hatenablog.com

 

 

※攻略情報は特になく、かつ全てネタバレですので未プレイ未クリアの方の閲覧の際はご注意ください。

 

漂流8日目

f:id:nksz:20210717092505j:plain

サンビーム号から励ましのメッセージが来ていました。かっこいいなあ。
「我々はご存じの通り、アンドロメダの向こうにあるトランス・ガブ出身だ」と言っているので、彼らは主人公たちとはまた違う星の人のようです。
……というか主人公は人間なんでしょうか、勝手に地球出身の人類だと思っていましたがひょっとしたらそもそも地球人ではない可能性も……?

まだ拠点作成のための材料が集まらないので初期ポッド周辺をうろうろしています。
鉛が無いよ~。


漂流9日目

f:id:nksz:20210717092851j:plain

ようやく拠点が出来ました。
と言っても初期ポッドから目と鼻の先なのでほぼほぼ何の意味もありませんが、ロッカーを置けばかなり優秀な荷物置き場になるので少しずつ探索ポイントを広げていけたらいいかなと思います。

f:id:nksz:20210717092856j:plain

とりあえず椅子とか、拾ってきたゴミ(ゴミ言うな)を置いてみる。


漂流10日目

f:id:nksz:20210717092939j:plain

サンビーム号が来てくれることになりました!
40分ほどで到着するそうです。
リアル時間40分ならゲーム内時間で1~2日ほどは猶予がありそうなのでしばらく探索を進める事にします。

 

サンビーム号の到着を待ちつつ、グラブスフィアという代物を作ったので使ってみる。

……。

f:id:nksz:20210717092943j:plain

すげー!なんだこれ!
めっちゃくちゃ便利じゃないですか!
これがあればもう空腹状態で魚と追いかけっこしなくて済む!


漂流11日目

ビーコンを作れるようになったのでさっそく拠点の場所に置きました。

f:id:nksz:20210717093129j:plain

まだあと15分ありますが、サンビーム号の着陸予定地点へ向かうことにします。
途中で何が起こるかわかりませんもんね。早めの行動大事。

f:id:nksz:20210717093134j:plain

途中でちょっと陸地っぽくなっているところを発見。
もう1個ビーコン作っておいてここに置けたら良かったな……ここを拠点にしたら探索範囲も広がって少し便利そうです。

 

f:id:nksz:20210717093251j:plain

サンビーム号到着予定の場所を目指している途中で脱出ポッド3を発見し、乗員データ3を回収しました。

 

f:id:nksz:20210717093239j:plain

一生懸命泳いでいると、なんと陸地が。
海ばかりと思いきや、歩けるところもあったんですね。

 

f:id:nksz:20210717093246j:plain

見るからにやばそうな建造物が建っています。

 

f:id:nksz:20210717093401j:plain

f:id:nksz:20210717093352j:plain

ちょっと早く着きすぎてしまって夜がきたので急遽やばそうな建造物の方へ向かう事にしました。
やばそうでもちょっとでも明るいところに行きたい。人間だもの。

 

f:id:nksz:20210717093357j:plain

何かの残骸。
スキャンするとパープルタブレットの情報が手に入りました。

f:id:nksz:20210717093503j:plain

ここにそのタブレットを入れないと中には入れないみたいですね。

 

f:id:nksz:20210717093459j:plain

待っている間に脱出ポッド3の乗員記録を聴きます。
脱出ポッド3には男女2人が乗っていたようです。
例によって例のごとく海に沈んでいたので、恐らくもう……。

 

この星には元々高度な知的生命体が住んでいたものの、何百年~何千年前に滅びてしまったのでしょうか。
……まあ宇宙は広いので、そういう星もきっとあるでしょうね。

 

そして明け方、ついにサンビーム号が到着。
主人公の姿を見つけてくれたようです。

f:id:nksz:20210717093614j:plain

が……。

 

f:id:nksz:20210717093618j:plain

f:id:nksz:20210717093605j:plain

f:id:nksz:20210717093610j:plain

サ、サ、サンビーム号ーーーーーーーーーーっ!!!!!!!!!

いや……でもね……あのね……わたしうっすらわかってたよ……こんなあっさり脱出できるわけないって……。
でもさ……それにしてもさ……これはあまりにも酷すぎない!?
だってせっかく助けに来てくれたのに!

 

失意のまま拠点へ帰還。
帰還途中に金属くずが沢山落ちているところを見つけたのでグラブスフィアを置いて、後で回収に来ようとその場を離れたところどこに置いたかわからなくなりました/(^o^)\
期待を裏切らないわたしの方向音痴&アホっぷり。


漂流12日目

乗り物建造ベイを製造。
しかしまだ乗り物の設計図を手に入れていないので、作れるようになるまではまたしばらく探索の日々が続きます。

f:id:nksz:20210717093858j:plain

脱出ポッド19の二等航海士キーンさんから救難信号が来ていました。
船長は既に亡くなったそうです。そりゃそうよな……。
またしても座標が壊れているので、探索の途中で見つけられたら良いなくらいの気持ちでいきます。
脱出ポッド19の所在地は水深300Mって書いてあるのでどちらにしても今は無理ですし。


漂流13~15日目

脱出ポッド17付近に拠点2を建てて周辺の探索を始めました。
この辺りは石英や鉛が沢山取れるようです。

f:id:nksz:20210717094002j:plain

無くしたグラブスフィアは見つからないので新しいものをつくりました……。
今度こそ無くさないぞ。

 

漂流16日目

意を決してオーロラ号周辺に行ってみる事にしました。
怖い生き物が居そうで嫌だなあ。

f:id:nksz:20210717094053j:plain

ストーカーがうようよしていましたが、なんとか着きました。
しかし入り口がわからない。

 

f:id:nksz:20210717094043j:plain

入り口が見つからないままサイクロプスとやらをスキャンして設計データをちまちま集め、「なんか暗くなってきたしこの辺り不気味だし帰ろうかな」と思い始めたその時。

 

聞いたことのない咆哮が響いてきて、振り返った瞬間何か恐ろしい生き物に襲われました。

f:id:nksz:20210717094048j:plain

悲鳴をあげてF12(steamのスクショ撮影ボタン)を押したつもりが何故かゲーム内スクショが撮れていました(しかも尻尾しか撮れていないという自分の無能っぷり)。
この事件の直後は体力がちょこっとしか残っていなかったので慌てて回復アイテムを使用しました。
こわ!なんなんですかあいつは!
トラウマになりそうです。
怖すぎて“トラウマ”を2回タラウマって打ち間違えてしまったくらいショック受けました。


漂流17日目

f:id:nksz:20210717094255j:plain

拠点2(脱出ポッド17付近)にてオーロラ号の残骸の辺りを調査。
シーモスを造れるようになりました!

f:id:nksz:20210717094251j:plain

さっそく造りました。
夜なので薄暗くて見辛いスクショですみません……。
これで目的地まで素早くかつ多少安全に向かえるようになりました。
でもさっそく岩にガンガンぶつけてしまった……操縦がなかなか難しいですね。


漂流18~20日

浅瀬を探索しつつ素材集めをしていたところ、脱出ポッド4から無線が入っていました。
今回も座標データは破損しています。うーん。

f:id:nksz:20210717094403j:plain

オーロラ号の近くじゃないですか、やだー!
あの化け物にまた遭遇したらどうしたらいいんですか。

 

f:id:nksz:20210717094407j:plain

涙目になりながら行ってみたところ、あいつに遭遇することなく無事に脱出ポッド4を発見。
この近くに多分脱出ポッド6も沈んでいるはずなのですが、オーロラ号のほうに近寄ったら例の巨大な化け物が底の方を泳いでいるのが見えたので(奴はリーパーリヴァイアサンというそうです。怖すぎてまたスクショ撮れませんでした)Uターンしました。怖すぎる。

 

精神がやられつつあることを自覚しつつ、今回はここまで……。

海怖い。

 

:次回記事:

nkszsims.hatenablog.com